本文へスキップ

皆さんと共に考える、人生支援の精神療法です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.058-239-3974

〒508-1148 岐阜市上尻毛日吉144-1

心理の基本

不安や悩みはどこからくるのか

 私たちは、生来的に健康でいたい、名誉やお金を得たい、より良く生きたいという欲求をもち、これを、森田療法では「生の欲望」と総称しております。
 もし、私たちの生き方が「生の欲望」に反したとき、内心のサインとして「間違っているよ」と不安・悩みが現われるのです。いわば、交通信号に例えるならば、不安(以下、不安、悩みを云う)は黄色の点灯になり、注意して道路を渡ることになります。
私たちは、不安をシッカリと見つめ、十分に準備し、そして、用心しながら行動することで大きな安心を得る事ができます。
 ここでは、不安を活用していく態度が必要になります。
 不安を抱く方は意欲があり、才能のある方と言えるでしょう。
 何故なら、不安を正しく見て行動をすれば、葛藤は消え、自ずと夢は
実現するものだからなのです。

アメリカのストレス研究

かなり前のこと、アメリカでストレスについて調査研究がありました。ストレスでガンなど病気に罹り易いといわれます。
 ストレスは環境や心身の変化に対応した生体の防御反応であるから、過剰反応になった時に免疫が低下し病因になるようです。
 ですが、ストレスがあっても病気にならない性格があると、報告されています。
 どのような性格でしょうか
1.仕事に夢中になる人。なすべきをなす人。
2.自分の努力でチャンスをつくる人
3.チャレンジする人。つまり変化していける人だそうだ。
このような生き方は心にも体にも良い影響があるのだろう。
たとえば、歩くにも自信のあるように歩くと、心も行動によって変化すると云っています。
 調査は終末病院にもおよび、老人たちは人生を振り返えり「私は自分のなすべきことをしなかった」「youは若いときにすべきことをしなさい」と内省の言葉が多かったと報告されている。
 考えれば、今やっていることは、自分がよく死ぬ準備にもなり、未来のためにも楽しい思い出をつくっていると、観るのも事実なのだろう。

ストレスの対処法

 ストレスを減らして適応障害を改善するためには、どのような状況が苦手で苦痛なのかを考え、そして、どうすれば環境に適応できるかを考え(自己洞察)てみます。
 自己洞察ができたとしても、努力方向の誤りを避けるためは、カウンセラーなど第三者(以下第三者)の客観的視点も欠かせないものです。
 苦悩にはまり込む人は、独断と偏見が多いようです。
ストレスに苛まれる時、三つの対処方針で説明します。

方針1.不適応の環境を改善します。
 職場、学校などストレス因になる問題点を見つけ解決する。第三者に相談することで,解決策が早く見つかる場合が多い。(不適応になる人は、ほとんど、相談できない人が多い)

方針2.自分に合わない環境を見切り、早く離れること。
 合わない環境(方針1.で上手く適合できないとき)にしがみついてはダメージが大きくなる事もあります。まずは第三者とよく相談して決めること。

方針3.自己の改善を図ること。
 方針1で環境を改善しても葛藤があるときは、感情と行動など心の法則を学びます。そして、心の偏りによる囚われや神経症からの脱却、人間関係の改善を図っていきます。こにでは、物事の受け止め方(認識)と行動の修正が必要になります。  

自信をつけるには、どうしたら良いかの質問に

 回答として、何事も経験や挑戦と受け止めることと答えています。
 私の精神療法には「迷ったらやる」という行動方針があります。
 これは、迷うということは、できる可能性あるからで、最初から無理であれば迷いません。迷いの中に自己発展の萌芽があります。そして、何事にも経験や挑戦として行動を積み重ねていく中に、徐々に自信めいたもの形が創られていきます。(自信が育ちます)
 その行為は、自信など少しも必要なく、やりたい、達成したい、認められたいという、自己の欲望を大事にしたい心と行動があるのみです。
 自分の本心(希望)に根差した行動が、自分自身をつくり、周囲の人によい影響を与えるはずです。
 例えば、始めて高速道路を運転する、会議でプレゼンをする、好きな人に初めてデートを申し込む、先生に再追試をお願いするなど、行動がなければ何も始まらなくて、ここから新しい人生が始まるのです。この内の、どこに自信が介在するのでしょか。
失敗も体験です。失敗なくして成功は有りえません。困難なことほどで失敗はつきもので、失敗なく成功したいと、ただ、願う人は子供なのでしょう。


人生支援の精神療法

〒508-1148
岐阜市上尻毛日吉144-1
TEL 058-239-3974
FAX 058-239-3974
ikawano1@mou.ne.jp