本文へスキップ

皆さんと共に考える、人生支援の精神療法です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.058-239-3974

〒508-1148 岐阜市上尻毛日吉144-1

相談の手順

支援の方針

 感情は、人為では決して動かせない自然現象なのです。一方、行動はいかなる感情の下でも意志の自由があります。 この法則を活用し、当面の課題を解決すると同時に、柔軟な現実適応能力の向上をめざします。

<面談(学習)の効果として>
1.面談と学習の進みに従い、精神症状や葛藤が減退して行きます。
2.自分の能力を再発見することで、自信を獲得します。
3.自己評価力の向上により、やりたい意欲(自己実現欲求)が高まります。

4・今、解決できる課題と今後の課題に区分できるようになり、思考の混乱が  調整できます。

支援の流れ

<電話で相談>
 最初はメール、電話またはFAXでお願いします。手紙もOKです。
<主体はメールか手紙相談>
 現在の生活状況、不安や悩み、症状など具体的に書いていださい。
 私は、課題に対する心理面のコメントと当面の行動を段階に応じて
助言します。

<カウンセリング>
 方針 1.いかなるお話しも、現実を肯定して、お聴きします。
    2.現実の困難な状況から何ができるか、提案します。
    3.新しい観方を例示として、お話しすることがあります。
    4.建設的な行動(魂の喜ぶ行動)をお勧めします。
     その理由は、生活が健全になれば、心は健康になるからです。

カウンセリングにおける三つの区分
主観期:感情の自覚、体験の意識化と行動の悪循環を自覚できます。

客観期:認識パターンの自覚、悪循環プロセス及び欲求の自覚ができます。

客観期:日常の成功体験があり、不安・悩み・症状の緩和が自覚ができます。

 各期とも現実を直視し森田療法の観方(悩みや症状は病気ではない)を通して助言していきます。
主観期から客観期まで右肩上がりに心境が向上するものではなく、事がらにより行きつ戻りつ行動が改善され、結果悩みや症状は緩和していくものです。 

<その他>
 手紙相談・メール1回目5千円、以降3千円
電話1回目5千円、2回以降3千円(各1時間あたり)
日記指導1週間分、5千円
面談は1時間5千円と交通費をお願いします。
ただし、初回電話は15分間は無料で質問にお答えします。

相談することは非常に勇気が要りますが、その勇気ある人が困難を乗り越える
方でもあるでしょう。
一度、勇気を奮って電話をかけてみててください。
夜7時半から10時半は自宅におります。058-239-3974(自宅)

薬の服用について

 ここで言う薬とは、精神科医に処方された精神に影響するものを指します。お薬は適切に服用すれば効果はありますが、不安のためにの幾つかの医院を受診すれば薬は増え続け、毎日、飲む量は増えます。
 その結果、過剰摂取になり、体や精神に障害として現われます。これを薬依存症といいます。
 自分の立ち直りに従って減薬しなければなりません。

私が、みなさんに推奨し支援する精神療法の基本は、薬をできる限り飲まずに心が喜ぶ実践(建設的な行動)を通して癒していく療法なのです。


人生支援の精神療法

〒508-1148
岐阜市上尻毛日吉144-1
TEL 058-239-3974
FAX 058-239-3974
ikawano1@mou.ne.jp